不動産市場は「バブル」か。だとするといつ、どのように崩壊するのか。



IMFによれば2019年の世界全体の実質成長率は3.3%と1月から下方修正、
日本は1.0%と0.1%引き下げられましたが、米中貿易交渉、

さらには日米貿易交渉の結果いかんによってはさらなる減速が予想されます。

とりわけ気になるのは日米貿易交渉ですが、
このことに関し政府はあまりにも楽観視している節があります。


続きはこちら



I.C倶楽部事務局 
電話:075-583-3337 FAX:050-3488-2205

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 9 10
14
20 22 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[09/20 森田]
[05/28 NONAME]

プロフィール

HN:
s-moritta
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

フリーエリア